にきび跡治療TOP | にきび、にきび跡について | にきび跡の原因 | にきび跡の種類と対策 | にきび跡のケア | にきび跡治療 | にきび跡と医療機関 | リンク集 |

外用薬を用いたにきび跡治療

外用薬での治療

にきび跡の治療には、外用薬を用いる方法があります。にきび跡の治療法で用いられる外用薬は大きく分類すると、抗生物質・ビタミン剤・角質剥離剤の3種類があります。

にきび跡の治療法で用いられる外用薬の抗生物質は、クリームタイプよりもローションタイプのものが効果が大きいようです。

また、抗生物質といってもさまざまな種類がありますが、中でもダラシンという抗生物質が特に効果が高いといわれており、多くの症状に用いられています。

にきびの跡の治療法で用いられる外用薬のビタミン剤では、ビタミンC誘導体ローションが代表的です。ビタミンC誘導体ローションは、にきび跡のできる原因となる色素沈着を改善し、皮脂分泌の抑制や炎症の抑制をする効果があり、にきびのできにくい肌をつくり上げるのに効果が大きいようです。

にきびの跡の治療法で用いられる外用薬の角質剥離剤は、表皮の角質を取り除いて毛穴の詰まりを改善し、乾燥を促す効果があります。しかし、角質剥離剤は皮膚のバリア機能が低下するという副作用が出る場合もあるので、注意して利用するようにしましょう。


「ケロコート」で消えるにきび跡

にきび跡の治療薬として、「ケロコート」という薬があります。「ケロコート」を使ったにきび跡の治療方法は、1日1回、「ケロコート」をにきび跡に塗るだけでよいので大変簡単です。

「ケロコート」は、にきび跡や火傷跡などさまざまな傷跡を消す治療薬として、多くの医療現場で使用されていました。皮膚科医や形成外科医からも高い評価を得ています。

「ケロコート」は、当初は医療用としてだけ使われてきましたが、最近では一般にも販売されるようになり、一般の方にも手軽に入手できるようになってきています。

「ケロコート」をにきび跡に塗ると、肌の上に目に見えない層を形成してくれます。「ケロコート」を使用することで、毛穴や肌を清潔に保ち、肌の表面が滑らかに形成されて丈夫な肌になるという効果があります。また、にきび跡の凸凹が驚くほど綺麗に消えてしまいます。

「ケロコート」は、バクテリアを通さない壁を形成して、過度の免疫系反応を防ぎ、にきび跡を消す効果のある治療薬なのです。「ケロコート」は、3種類のシリコンからできており、薬剤は含まれていません。3種類のシリコンが目に見えない膜でにきび跡を包み、肌呼吸を妨げずに治療を促進し、にきび跡を自然な肌状態へと回復させてくれます。

「ケロコート」は、にきび跡を消す効果が高い上に、皮膚機能に影響を与える添加物を一切含まない治療薬なので、安心して使用できます。

※おすすめにきびケアを紹介!
【1位】日米売上No.1<薬用プロアクティブ>⇒ニキビケアProactiv
【2位】草花木果でにきびケア⇒ 草花木果4種トライアル
【3位】にきび対策は毛穴から⇒ 草花木果 透肌スキンケアトライアルセット
【4位】話題のバイオ基礎化粧品⇒ b.glen 大人のニキビ専用セット
【5位】⇒ニキビ痕専用!導入型柔軟化粧水⇒ Reproskin(リプロスキン)
【6位】背中にきびでお悩みの方に⇒ Jewel Rain(ジュエルレイン)
楽天市場楽天市場で「ニキビ跡」関連商品を探す


▼同カテゴリー「 にきび跡治療 」の記事一覧
外用薬を用いたにきび跡治療
漢方薬を用いたにきび跡治療
医療機関の薬を用いた治療
ケミカルピーリングでにきび跡治療
ウエットピーリングとは
サリチル酸マクロゴールピーリング
フォトフェイシャルでにきび跡治療
フォトRF(オーロラ)とは
レーザー治療でにきび跡解消
イオン導入でにきび跡治療
ヒアルロン酸注射でにきび跡治療
ホルモン剤によるににきび跡治療
毛穴電気洗浄とは
皮膚科でのにきび跡治療

にきび、にきび跡について

にきび跡の原因

にきび跡の種類と対策

にきび跡のケア

にきび跡治療

にきび跡と医療機関

リンク集

 
にきび跡治療TOP | にきび、にきび跡について | にきび跡の原因 | にきび跡の種類と対策 | にきび跡のケア | にきび跡治療 | にきび跡と医療機関 | リンク集 |