にきび跡治療TOP | にきび、にきび跡について | にきび跡の原因 | にきび跡の種類と対策 | にきび跡のケア | にきび跡治療 | にきび跡と医療機関 | リンク集 |

ビタミン摂取でにきびケア

肌のトラブルで、男女を問わずに一番多いのがにきびです。誰皆さんもにきびができた経験があるのではないでしょうか。また、大人になってもにきび跡が残っている方も多く見受けられます。

にきびというと思春期特有と思われがちですが、実際は10代から35歳くらいまで幅広い年代ににきびは発生します。

にきびができたときには、早めの皮膚科での治療が大切ですが、軽いにきびの症状であれば病院で治療する以外にも日常生活でのケア、食生活の注意でにきび症状の改善が期待でき、にきび跡を予防することができます。

特に食生活の改善が有効で、脂腺の活動を抑える働きのあるビタミンB2、皮膚の新陳代謝を助けるビタミンB6、抗炎症作用のあるビタミンE、同じく抗炎症作用があり、またにきび跡の色素沈着を予防してくれるビタミンCなどを食生活に取り入れるようにしましょう。

上記のビタミンが豊富な主な食品は、

・ビタミンB2・・・ウナギ・レバー・サバ・カレイ・納豆・のり・チーズ・卵など
・ビタミンB6・・・マグロ・サンマ・鮭・サバ・イワシ・さつまいも・バナナ・豚ももなど
・ビタミンE・・・ウナギ・サンマ・イワシ・イカ・ナッツ類・ひまわり油・たらこなど
・ビタミンC・・・生の野菜・果物(苺・キウイ・グレープフルーツなど)など

です。

特に、ビタミンCはコラーゲンの生成を促す作用や、ストレスの肌への悪影響を断ち切る作用があります。また、毛穴が開かないようにする作用もあり、皮脂の過剰分泌を抑える効果が期待できます。ビタミンCの摂取目安は1日およそ2,000mgです。

ビタミン類はにきびを予防、治療するためには欠かせません。食事やサプリメントで積極的に取り入れることをお勧めします。


※おすすめにきびケアを紹介!
【1位】日米売上No.1<薬用プロアクティブ>⇒ニキビケアProactiv
【2位】草花木果でにきびケア⇒ 草花木果4種トライアル
【3位】にきび対策は毛穴から⇒ 草花木果 透肌スキンケアトライアルセット
【4位】話題のバイオ基礎化粧品⇒ b.glen 大人のニキビ専用セット
【5位】⇒ニキビ痕専用!導入型柔軟化粧水⇒ Reproskin(リプロスキン)
【6位】背中にきびでお悩みの方に⇒ Jewel Rain(ジュエルレイン)
楽天市場楽天市場で「ニキビ跡」関連商品を探す


▼同カテゴリー「 にきび跡のケア 」の記事一覧
洗顔・ピーリング石鹸
にきび・にきび跡ケア化粧品とは
ビタミン摂取でにきびケア
にきび跡のケア用品1
にきび跡のケア用品2

にきび、にきび跡について

にきび跡の原因

にきび跡の種類と対策

にきび跡のケア

にきび跡治療

にきび跡と医療機関

リンク集

 
にきび跡治療TOP | にきび、にきび跡について | にきび跡の原因 | にきび跡の種類と対策 | にきび跡のケア | にきび跡治療 | にきび跡と医療機関 | リンク集 |