にきび跡治療TOP | にきび、にきび跡について | にきび跡の原因 | にきび跡の種類と対策 | にきび跡のケア | にきび跡治療 | にきび跡と医療機関 | リンク集 |

にきび・にきび跡ケア化粧品とは

にきび跡は、化粧品で治療することができるのでしょうか。

残念ながら、化粧品の成分自体がにきびの治療に役立つということは期待できません。にきびの治療や予防のために一番大切なのは、角質を正常な状態に保つことです。

保湿効果などのある化粧品が肌を整え、肌をにきびやにきび跡ができにくい状態に保つために補助的な効果を持つことは確かですが、化粧品を使うだけで、にきびやにきび跡の根本的な治療をすることはできないと考えた方がいいでしょう。

にきびを治療するのに大切なことは、お手入れに使う化粧品の種類ではなく、角質を正常化させる正しいお手入れの方法だということです。


化粧品の選び方

にきびがある肌は、正しくケアをしないとにきび跡が残ってしまうので注意が必要です。
にきびやにきび跡が気になる人は、化粧品を選ぶ時にもにきび対策に気を配りましょう。

化粧水は、皮脂を取り除き肌がパサつかないものを選びましょう。そのためには、セラミドやアミノ酸などが含まれたものを選ぶとよいです。美容液は、ビタミンCやセラミド配合のものが効果的です。また、クリームは皮脂を抑え、紫外線防止効果のあるものを選ぶようにしましょう。

古い化粧品を使ってのケアは肌に悪影響となり、にきび跡ができる原因になってしまいますので厳禁です。
にきびがある方は、化粧品選びの際には、十分注意し、基礎化粧品をにきびのケアに役立てましょう。


化粧品の使い方

にきびの跡のケアには化粧品の使い方が重要です。にきびが発症している場合は、メイク用の化粧品の使用はなるべく控えることをお勧めします。

ファンデーションは、にきびのある肌にとっては決してよいものとはいえません。にきびが発症している時にファンデーションを使うことで、にきびを悪化させ、その結果にきび跡が残る恐れがあります。

また、洗顔の後は、自分の肌にあった化粧水や乳液を選んで肌のケアをしましょう。
化粧水は、抗酸化作用の優れたビタミンCやビタミンEが配合された、肌にリスクの少ないものを選ぶようにしましょう。

にきびが発症している時は、メイクは控えるように心がけることと、日頃から自分の肌にあった基礎化粧品を選ぶことは、にきびの予防やにきびの跡のケアには欠かせないことといえそうです。


クレンジング選び

クレンジングを選ぶ際は、油分の少ないもの、刺激の少ないものを選びましょう。

油の落ちが良いということでよく使われているものの中に、オイルクレンジングがありますが、これらは油分でできているので毛穴に残ることがあり、にきび跡にもよくありません。

また強い界面活性剤を含んでいますので、オイルクレンジングは肌への刺激も強いです。

オイルクレンジングと同じようなものに、「拭き取りシートタイプ」のクレンジングがありますが、「拭き取りシートタイプ」のクレンジングには、防カビ剤や防腐剤・アルコールが含まれているので、肌へ影響を与える可能性があり、やはりにきびやにきび跡にいいとはいえません。

にきびやにきび跡の肌には、オイルフリーの洗い流すタイプのクレンジングが、肌への影響が少ないという意味でおすすめのクレンジングといえます。

※おすすめにきびケアを紹介!
【1位】日米売上No.1<薬用プロアクティブ>⇒ニキビケアProactiv
【2位】草花木果でにきびケア⇒ 草花木果4種トライアル
【3位】にきび対策は毛穴から⇒ 草花木果 透肌スキンケアトライアルセット
【4位】話題のバイオ基礎化粧品⇒ b.glen 大人のニキビ専用セット
【5位】⇒ニキビ痕専用!導入型柔軟化粧水⇒ Reproskin(リプロスキン)
【6位】背中にきびでお悩みの方に⇒ Jewel Rain(ジュエルレイン)
楽天市場楽天市場で「ニキビ跡」関連商品を探す


▼同カテゴリー「 にきび跡のケア 」の記事一覧
洗顔・ピーリング石鹸
にきび・にきび跡ケア化粧品とは
ビタミン摂取でにきびケア
にきび跡のケア用品1
にきび跡のケア用品2

にきび、にきび跡について

にきび跡の原因

にきび跡の種類と対策

にきび跡のケア

にきび跡治療

にきび跡と医療機関

リンク集

 
にきび跡治療TOP | にきび、にきび跡について | にきび跡の原因 | にきび跡の種類と対策 | にきび跡のケア | にきび跡治療 | にきび跡と医療機関 | リンク集 |