にきび跡治療TOP | にきび、にきび跡について | にきび跡の原因 | にきび跡の種類と対策 | にきび跡のケア | にきび跡治療 | にきび跡と医療機関 | リンク集 |

凸凹のにきび跡

凸凹のにきび跡とは

凸凹のにきび跡とは、肌の表面にクレーターのような凸凹ができてしまう状態のことをいいます。また、肌の外皮が損傷を受け、赤く盛り上がった状態のことをケロイドといいます。

凸凹やケロイドのにきび跡は、にきびの症状が重度だった場合に起きやすいにきび跡の状態です。

できてしまったにきびを放置したままにしておくと、凸凹のにきび跡になってしまう場合があります。また、にきびを潰すことによって皮膚の深部の組織まで破壊されると、肌の表面に凸凹のにきび跡ができてしまいます。特に、顔の頬の部分は、深い凸凹のにきび跡が残りやすい場所です。

凸凹のにきび跡は、男性や皮膚の厚い女性のではかなり深い凸凹になる場合があります。また、にきびにバイ菌が入ることによっても、凸凹のにきび跡が残りやすくなります。

凸凹やケロイドなどのにきび跡は、現在では完治は難しいといわれています。ですが、肌のお手入れをしっかりすることで目立たないようにすることはできます。

凸凹やケロイドなどのにきび跡がある方も、あきらめずに肌のお手入れをするように心がけましょう。


角質の除去

凸凹のにきび跡は、硬くなった角質を除去することで治療できます。にきびは、以前にきびができたのと同じ場所に再度できることがあります。これは、以前できたにきびのにきび跡の角質が硬くなっていることが原因です。角質が硬くなった状態のにきび跡は、毛穴をふさいでしまいます。

このような毛穴がふさがれてしまったにきび跡は、にきび自体を治療した後も再度にきびができやすい状態になってしまっています。

にきび跡に再度にきびができると、ふさがれた毛穴から逃げられなくなった脂肪がふくらんで、肌の角質がますます硬くなり、皮膚が盛り上がって凸凹のにきび跡となってしまいます。

このことから、凸凹したにきび跡を治療するためには、硬くなった角質を取り除くことが有効だといえます。


※おすすめにきびケアを紹介!
【1位】日米売上No.1<薬用プロアクティブ>⇒ニキビケアProactiv
【2位】草花木果でにきびケア⇒ 草花木果4種トライアル
【3位】にきび対策は毛穴から⇒ 草花木果 透肌スキンケアトライアルセット
【4位】話題のバイオ基礎化粧品⇒ b.glen 大人のニキビ専用セット
【5位】⇒ニキビ痕専用!導入型柔軟化粧水⇒ Reproskin(リプロスキン)
【6位】背中にきびでお悩みの方に⇒ Jewel Rain(ジュエルレイン)
楽天市場楽天市場で「ニキビ跡」関連商品を探す


▼同カテゴリー「 にきび跡の種類と対策 」の記事一覧
にきび跡 クレーターとは
色素沈着とにきび跡
凸凹のにきび跡

にきび、にきび跡について

にきび跡の原因

にきび跡の種類と対策

にきび跡のケア

にきび跡治療

にきび跡と医療機関

リンク集

 
にきび跡治療TOP | にきび、にきび跡について | にきび跡の原因 | にきび跡の種類と対策 | にきび跡のケア | にきび跡治療 | にきび跡と医療機関 | リンク集 |