にきび跡治療TOP | にきび、にきび跡について | にきび跡の原因 | にきび跡の種類と対策 | にきび跡のケア | にきび跡治療 | にきび跡と医療機関 | リンク集 |

健康保険対象のにきび跡治療

抗生物質

医療機関でにきび跡の治療をする際、健康保険対象になる治療法と、健康保険対象外の治療法とがあります。

健康保険対象になる治療法にはさまざまな種類がありますが、その中で代表的なものを紹介しましょう。

まず、アクアチムローションなどの抗生物質や、カラミンローションなどの外用剤を使用する治療法です。このような抗生物質などの外用剤を使用する治療法は、にきび菌を殺菌して毛穴の炎症を抑える効果があります。

次に、抗生物質を内服する治療法です。この治療法には、マクロマイシンなどのテトラサイクリン系の抗生物質を使います。抗生物質でにきび菌を殺菌し、それとともににきび菌をつくる皮脂を分解して、炎症を起こす脂肪酸をつくる作用があるリパーゼの発生を抑えるという治療法です。


ビタミン剤や漢方薬

医療機関でにきび跡の治療をする際、健康保険対象になる治療法には、ビタミンCやビタミンB2などのビタミン剤を内服する方法もあります。

ビタミン剤を内服することで皮脂の過剰な分泌を抑制し、皮脂の酸化や炎症を抑えてにきびの炎症の後にできるにきび跡などの色素沈着を予防できます。

また、漢方薬を内服する治療法も健康保険の対象になります。にきびやにきび跡の治療に使用する漢方薬は、排膿散(ハイノウサン)、清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)などがあります。

健康保険の対象になる治療法の最大のメリットは、少ない個人負担でにきび跡の治療ができるという点でしょう。

皮膚科でにきび跡の治療をする時は、まず、健康保険の対象になる治療法から始めてみるのがお勧めです。

※おすすめにきびケアを紹介!
【1位】日米売上No.1<薬用プロアクティブ>⇒ニキビケアProactiv
【2位】草花木果でにきびケア⇒ 草花木果4種トライアル
【3位】にきび対策は毛穴から⇒ 草花木果 透肌スキンケアトライアルセット
【4位】話題のバイオ基礎化粧品⇒ b.glen 大人のニキビ専用セット
【5位】⇒ニキビ痕専用!導入型柔軟化粧水⇒ Reproskin(リプロスキン)
【6位】背中にきびでお悩みの方に⇒ Jewel Rain(ジュエルレイン)
楽天市場楽天市場で「ニキビ跡」関連商品を探す


▼同カテゴリー「 にきび跡と医療機関 」の記事一覧
健康保険対象のにきび跡治療
健康保険対象外のにきび跡治療
にきび跡治療皮膚科の紹介

にきび、にきび跡について

にきび跡の原因

にきび跡の種類と対策

にきび跡のケア

にきび跡治療

にきび跡と医療機関

リンク集

 
にきび跡治療TOP | にきび、にきび跡について | にきび跡の原因 | にきび跡の種類と対策 | にきび跡のケア | にきび跡治療 | にきび跡と医療機関 | リンク集 |