にきび跡治療TOP | にきび、にきび跡について | にきび跡の原因 | にきび跡の種類と対策 | にきび跡のケア | にきび跡治療 | にきび跡と医療機関 | リンク集 |

にきび跡とホルモン

ホルモンバランスの乱れ

にきびやにきび跡などができる原因の一つに、ホルモンバランスの乱れということがあります。

特に女性は、生理前後にホルモンバランスが乱れるので、にきびが発症しやすいといえます。ですが、ホルモンバランスの乱れだけが原因でにきびが発症し、にきび跡が消えにくい状態になるわけではありません。

にきびは毛穴のつまりや過剰な皮脂分泌、にきび菌の増殖など、さまざまな原因から発症する症状です。にきびの発症する条件がそろってしまう原因を改善しない限り、ホルモン治療などを行ってもにきびの根本的な治療にはなりません。

にきびの治療で重要なことは、ホルモン治療などの対症療法だけでは、根本的な治療はできないということです。

にきび跡に悩まされないように、にきびを完治したいと思ったらにきびの根本的な原因を考えて治療しましょう。


ホルモンの種類

にきび跡の原因となるにきびですが、女性の場合、にきびのできやすい時期とできにくい時期があるのをご存知でしょうか。

これには、ホルモンが関係しています。卵巣から分泌される女性ホルモンには、エストロゲンと、プロゲステロンの2種類があります。

このうちのエストロゲンという種類のホルモンは、肌をみずみずしく滑らかにする作用があります。それに対して、プロゲステロンという種類のホルモンは、にきびの原因となる男性ホルモンと同じ作用があるのです。

生理後から排卵日での2週間くらいを卵胞期と呼びますが、この時期のお肌の調子がよいのは、エストロゲンの分泌量が多いためです。

一方、排卵日から次の生理までの時期を黄体期と呼びますが、この時期ににきび跡の原因となるにきびができやすいのは、エストロゲンの分泌が減り、プロゲステロンの分泌が増えてくるからなのです。

このように、女性ににきびのできやすい時期とできにくい時期があるのは、分泌されるホルモンの種類によります。にきびのできやすい時期には特に肌のケアを念入りにして、にきび跡ができないように気をつけましょう。


エストロゲン外用療法

にきびやにきび跡を予防するために、女性ホルモンを利用する方法があります。その治療法はエストロゲン外用療法といいます。

エストロゲン外用療法とは、エストロゲンゲルを塗布することで、エストロゲンを男性ホルモンに対抗させてにきびを予防し、にきび跡ができるのを防ぐという治療法です。

これまでよい治療法がないといわれていた、生理前のにきびやストレスによる口周り、首などの大人にきびには、エストロゲンゲルを用いた外用療法が、とても効果的だといわれています。

※おすすめにきびケアを紹介!
【1位】日米売上No.1<薬用プロアクティブ>⇒ニキビケアProactiv
【2位】草花木果でにきびケア⇒ 草花木果4種トライアル
【3位】にきび対策は毛穴から⇒ 草花木果 透肌スキンケアトライアルセット
【4位】話題のバイオ基礎化粧品⇒ b.glen 大人のニキビ専用セット
【5位】⇒ニキビ痕専用!導入型柔軟化粧水⇒ Reproskin(リプロスキン)
【6位】背中にきびでお悩みの方に⇒ Jewel Rain(ジュエルレイン)
楽天市場楽天市場で「ニキビ跡」関連商品を探す


▼同カテゴリー「 にきび、にきび跡について 」の記事一覧
にきびについて
にきび跡とは
大人にきび
背中にきびの原因
背中にきびの予防
にきび跡とホルモン

にきび、にきび跡について

にきび跡の原因

にきび跡の種類と対策

にきび跡のケア

にきび跡治療

にきび跡と医療機関

リンク集

 
にきび跡治療TOP | にきび、にきび跡について | にきび跡の原因 | にきび跡の種類と対策 | にきび跡のケア | にきび跡治療 | にきび跡と医療機関 | リンク集 |